棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
次の一手


第37期棋聖戦 七番勝負
井山棋聖が防衛 3連覇達成!

● 第39期棋聖戦 七番勝負 ライブ中継はこちらから ●
第1局
1月15・16日
第2局
1月29・30日
第3局
2月5・6日
第4局
2月19・20日
第5局
2月25・26日
第6局
3月11・12日
第7局
3月19・20日
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番半目勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
白番中押し勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番1目半勝ち
↑ここをクリック
山下九段
黒番2目半勝ち
↑ここをクリック
山下九段
白番中押し勝ち
↑ここをクリック
山下九段
黒番中押し勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番5目半勝ち

第39期棋聖戦七番勝負 激闘必死 頂上決戦

 囲碁の最高峰、第39期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)は15日、大阪市で開幕する。3連覇を目指す井山裕太棋聖(25)に棋聖在位5期の山下敬吾九段(36)が前期に続いて挑戦する。文字通りの黄金カード。井山棋聖は昨年末、王座、天元を相次いで失って四冠に後退、正念場の防衛戦となる。山下挑戦者は「勝ちに行く」と宣言。激闘必至の頂上決戦を河野臨九段(33)が展望する。


昨年、碁聖戦、名人戦で井山棋聖に挑戦し、ともに惜敗。3大リーグで山下挑戦者と対戦。両者の強さを最も知る河野九段

◆河野臨九段の展望 最終局まで行くのでは

 最高の組み合わせです。素晴らしい七番勝負になるでしょう。
 井山さんはどんどん仕掛けていく碁で、山下さんはどんな仕掛けにも妥協しないで堂々と立ち向かう。すごくかみ合うんです。優勢でもゆるまず、形勢が悪くても戦いに持っていくうまさがある点も共通している。
 私は昨年、井山さんと12局、山下さんと6局対戦しました。どちらもダブルスコア(4勝8敗、2勝4敗)で負けてしまいました。
 井山さんは、厳しい碁だという印象は変わっていません。常に頑張った手を打ちたいという気持ちと、それを支える正確な読みがある。秒読みの中でミスが出る場面もありますが、序盤から時間を使って、秒読みで打っている時間が長いからでしょう。
 発想がすごく豊かです。対戦していると、本当に気がつかない手を打ってくる。前半で消費時間を使うことが多いのは、序盤からいろいろな手を考えて、読む量が多いからでしょう。
 もちろん早碁もべらぼうに強いのですが、井山さんのスタイルには持ち時間が長い碁が合っていると思います。
 名人戦七番勝負を戦って感じたのですが、2日制の碁はいい集中を続けることが大事。技術はもちろんですが、気力、体力も求められる。井山さんは序盤であれだけ考えても、終盤になってもいっこうに疲れを見せない。その点でも第一人者だと思います。
 山下さんは剛腕という言葉が一番似合う棋士です。狙いが大きくて、碁盤全体を使って考える。そのスケールの大きさが素晴らしい。どうしても力勝負になるので、読み負けると一瞬で斬られてしまうような感覚があります。
 リーグ戦で対戦していても安定感はピカイチ。本因坊戦、名人戦では挑戦を逃しましたが、3大棋戦すべてで挑戦していてもおかしくない成績でした。すべてにおいて高いレベルにあります。
 以前は流行の布石は打たないようなところがありましたが、今は位の低い布石を打つことも多い。自分の良さを保ちながら、現代の碁の厳しさを取り入れている。攻めの強さだけでなく、幅が広くなって、より円熟した印象を受けます。スケールの大きな碁で、構想をまとめるのが難しいだけに、井山さんと同じように持ち時間が長い勝負は水が合っています。
 どちらも極端に調子を落としているようには見えません。井山さんは現時点で最強の棋士ですが、山下さんの力が劣っているとも思えない。
 勝敗の予想はつきませんが、最終局まで行くのではないかと思います。2人の碁を見たい、という願望も込めて。


正念場 全力で  棋聖 井山裕太

 さすが山下さんです。挑戦権をしっかりとものにしてきた。本因坊戦、名人戦と惜しい形で挑戦を逃していたので、棋聖戦は絶対に挑戦者になる、という執念と気迫を感じました。
 力強さがクローズアップされることが多いですが、最近は勝負にからくなって、負けにくい手を選ぶことが増えた印象を受けます。安定感もあります。
 自分の碁は激しさを増したとよく言われますが、厳しい相手になるほど、少しも妥協できないという思いがあるからかもしれません。これが今の自分のスタイルだと思っています。
 山下さんは持ち時間が長くなれば長くなるほど力を発揮するタイプ。当然、厳しい戦いになるでしょう。
 昨年末に二つタイトルを失いました。その意味で、今期の棋聖戦は正念場であり、今まで以上に大事な防衛戦になると思っています。七番勝負は大変ですが、一番の修業の場。自分のすべてを出し尽くすつもりです。もう気持ちは切り替わっています。


◇いやま・ゆうた 1989年、大阪府東大阪市出身。小学2年で小学生名人。2002年入段。16歳で全日本早碁オープン戦に優勝。棋戦優勝の最年少記録。一昨年、棋聖獲得で本因坊、天元、王座、碁聖、十段とあわせて史上初の六冠。その後、十段を失ったが、名人奪取で史上2人目の大三冠となり六冠復帰。昨年末に王座、天元を失い四冠に。夫人は将棋女流二段、伊緒さん。


「スタート」大事  挑戦者 山下敬吾

 昨年はそれなりの勝率ですが、本因坊戦、名人戦で肝心なところで負け、自慢できない成績です。どこかで気が緩んでいたのでしょうか。その分、ショックも大きかった。体調は悪くありません。健康管理によく歩いている。目的地は決めずに足のむくままです。
 井山さんにはやられています。本因坊、名人を持って行かれ、棋聖戦でも敗れました。やはりスキがない。序盤も中盤も終盤もしっかりしている。
 しかし最近は少しおかしい。予定通りにいっていない感じがある。破竹の勢いから勝ったり負けたりになっている。疲れもあるでしょう。対局ばかりではなく公務も多い。
 七番勝負で情けない手を打った時は恥ずかしいし、そんな恥をかかないようにというプレッシャーもある。ひっくるめて素晴らしい舞台。前期の挑戦はスタートが悪かったので、今回は気をつけたい。研究し、自信を持って臨みたい。楽しみながら勝ちにいきたい。


◇やました・けいご 1978年、北海道旭川市出身。小学2年の時、史上最年少で小学生名人。この記録はいまも破られていない。翌年、上京し、緑星学園で学ぶ。93年入段。2000年、碁聖獲得で初タイトル。03年、第27期棋聖戦を制し、史上最年少の棋聖。これは一昨年、井山棋聖に塗り替えられる。06年、第30期棋聖戦で棋聖を奪還、4連覇。名人2期、本因坊2期。

● 棋聖戦 過去の勝敗 ●
(1) 藤沢秀行 天元 (4勝1敗) 橋本宇太郎 九段
(2) 藤沢秀行 棋聖 (4勝3敗) 加藤正夫 本因坊
(3) 藤沢秀行 棋聖 (4勝1敗) 石田芳夫 王座
(4) 藤沢秀行 棋聖 (4勝1敗) 林 海峰 九段
(5) 藤沢秀行 棋聖 (4勝0敗) 大竹英雄 十段
(6) 藤沢秀行 棋聖 (4勝3敗) 林 海峰 九段
(7) 趙 治勲 名人 (4勝3敗) 藤沢秀行 棋聖
(8) 趙 治勲 棋聖 (4勝2敗) 林 海峰 九段
(9) 趙 治勲 棋聖 (4勝3敗) 武宮正樹 九段
(10) 小林光一 名人 (4勝2敗) 趙 治勲 棋聖
(11) 小林光一 棋聖 (4勝1敗) 武宮正樹 本因坊
(12) 小林光一 棋聖 (4勝1敗) 加藤正夫 名人
(13) 小林光一 棋聖 (4勝1敗) 武宮正樹 本因坊
(14) 小林光一 棋聖 (4勝1敗) 大竹英雄 九段
(15) 小林光一 棋聖 (4勝3敗) 加藤正夫 九段
(16) 小林光一 棋聖 (4勝3敗) 山城 宏 九段
(17) 小林光一 棋聖 (4勝3敗) 加藤正夫 九段
(18) 趙 治勲 本因坊 (4勝2敗) 小林光一 棋聖
(19) 小林 覚 九段 (4勝2敗) 趙 治勲 棋聖
(20) 趙 治勲 本因坊 (4勝3敗) 小林 覚 棋聖
(21) 趙 治勲 棋聖 (4勝1敗) 小林 覚 九段
(22) 趙 治勲 棋聖 (4勝2敗) 依田紀基 碁聖
(23) 趙 治勲 棋聖 (4勝2敗) 小林光一 天元
(24) 王 立誠 王座 (4勝2敗) 趙 治勲 棋聖
(25) 王 立誠 棋聖 (4勝2敗) 趙 善津 九段
(26) 王 立誠 棋聖 (4勝2敗) 柳 時熏 七段
(27) 山下敬吾 七段 (4勝1敗) 王 立誠 棋聖
(28) 羽根直樹 天元 (4勝3敗) 山下敬吾 棋聖
(29) 羽根直樹 棋聖 (4勝3敗) 結城 聡 九段
(30) 山下敬吾 九段 (4勝0敗) 羽根直樹 棋聖
(31) 山下敬吾 棋聖 (4勝0敗) 小林 覚 九段
(32) 山下敬吾 棋聖 (4勝3敗) 趙 治勲 十段
(33) 山下敬吾 棋聖 (4勝2敗) 依田紀基 九段
(34) 張 栩  十段 (4勝1敗) 山下敬吾 棋聖
(35) 張 栩  棋聖 (4勝2敗) 井山裕太 名人
(36) 張 栩  棋聖 (4勝3敗) 高尾紳路 九段
(37) 井山裕太 本因坊 (4勝2敗) 張 栩  棋聖
(38) 井山裕太 棋聖 (4勝2敗) 山下敬吾 九段
  
● 第39期棋聖戦 七番勝負 日程 ●
井山裕太 棋聖 対 山下敬吾 九段
対局日 対局場
第1局 1月15日(木)
16日(金)
ウェスティンホテル大阪
(大阪市)
第2局 1月29日(木)
30日(金)
八戸パークホテル
(青森県八戸市)
第3局 2月5日(木)
6日(金)
ベラビスタ境ガ浜
(広島県尾道市)
第4局 2月19日(木)
20日(金)
明治村・坐漁荘
(愛知県犬山市)
第5局 2月25日(水)
26日(木)
常磐ホテル
(甲府市)
第6局 3月11日(水)
12日(木)
玉樟園新井
(静岡県伊豆市)
第7局 3月19日(木)
20日(金)
龍言
(新潟県南魚沼市)
・全互先 先番6目半コミ出し ・持時間 各8時間

● 2人のタイトル戦成績 ●
(通算成績は井山棋聖の21勝14敗。肩書は対局当時)
11年 第36期
名人戦
七番勝負
山下敬吾本因坊 4−2 井山裕太名人
12年 第67期
本因坊戦
七番勝負
井山裕太天元 4−3 山下敬吾本因坊
13年 第38期
名人戦
七番勝負
井山裕太棋聖 4−1 山下敬吾名人
14年 第38期
棋聖戦
七番勝負
井山裕太棋聖 4−2 山下敬吾九段

● リーグ戦結果 ●
Aリーグ
順位
 



































山下 -
高尾 -
山城 -
羽根 -
河野 -
一力 -
成績





Bリーグ
順位
 





































村川 -
依田 -
-
小林 -
結城 -
-
成績





(肩書はリーグ終了時)

● 第39期棋聖戦 七番勝負 ライブ中継はこちらから ●
第1局
1月15・16日
第2局
1月29・30日
第3局
2月5・6日
第4局
2月19・20日
第5局
2月25・26日
第6局
3月11・12日
第7局
3月19・20日
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番半目勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
白番中押し勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番1目半勝ち
↑ここをクリック
山下九段
黒番2目半勝ち
↑ここをクリック
山下九段
白番中押し勝ち
↑ここをクリック
山下九段
黒番中押し勝ち
↑ここをクリック
井山棋聖
黒番5目半勝ち

● 第39期棋聖戦 リーグ戦 ●
リーグ戦 各対局の結果など詳しい情報はこちら

39期予選情報
過去の棋聖戦 歴代棋聖
上達への指南
岡目八目