棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『岡目八目』一覧はこちら → ]
岡目八目

読売新聞 2008/12/01掲載
ジョアン・ミッシンハムさん

(上)豪州生まれ台湾育ち(寄稿連載)

 ◆豪州生まれ台湾育ちの14歳
 今年8月、トヨタ&デンソー杯世界王座戦のオーストラリア代表として来日することができました。世界トップクラスのプロ棋士の皆さんと会うことができ、感激です。
 私はオーストラリアで生まれ、台湾で育ち、今は米国で勉強しています。14歳です。父がオーストラリア人、母が台湾人で、両方の籍を持っています。6歳で囲碁を覚え、日本のアニメ「ヒカルの碁」を見て感動しました。
 8歳のとき、台湾で呉清源先生の米寿の会があって、同行されていた林海峰先生の88面打ちに参加しました。とても印象深い思い出です。勉強のため、羽根直樹、山下敬吾、張栩さんらの碁をたくさん並べていますが、好きな棋士はやっぱり林先生です。棋風はもちろん、人柄も含めて。
 トヨタ&デンソー杯では、東京で行われたアジア・オセアニア地域の最終予選で敗れ、本大会で打つことはできませんでした。とても残念です。本大会で、日本の棋士や韓国の李昌鎬さんと打てたらよかったのですが。
 今年、2度目の挑戦で、中国の入段試験を突破して、プロの資格を取りました。中国の新初段です。ただ、国籍の問題もあって国家チームには入れません。棋戦も女流棋戦以外は参加するのが難しいようです。
 日本でプロを目指すには、院生になって日本に住まなければなりません。家族で米国に行くことになって、選択肢からは外れました。
 将来的には、台湾と中国を行き来しながら、強くなりたいと思っています。でも、まだ進路は決まっていません。父は大学に行って欲しいようですが。
(談)
ジョアン・ミッシンハムさん (1) (2) [ 『岡目八目』一覧はこちら → ]