棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
武宮正樹九段の「夢広がる宇宙流」 読売新聞 2007/10/22掲載
(3)カケぴったり中央白模様(寄稿連載)
 ◆第20期名人戦リーグ (白)九段・武宮正樹 (黒)八段・結城聡

 今回からは、白番の大模様作戦です。黒番のときは、主導権がこちらにあるので大模様に持って行きやすいのですが、白番のときは相手の出方次第になります。相手が大模様を徹底的に阻止してくれば、そのときは6目半のコミがものをいう碁に持っていきます。
 そういった意味から、黒番に比べて白番の大模様は多少難しいといえます。

 【テーマ図】 結城さんとの碁で、白番の私が目一杯、大模様を広げた1局です。
 白1と大ゲイマに掛けたところですが、これでは白イと掛け、黒18に白21と伸びて下方の模様を広げるのも考えられますが、黒11とケイマされ、今ひとつ盛り上がりに欠けます。
 結城さんは黒2とツメました。

 【1図】 右上のツメは確かに大きい手ですが、黒1の押しが中央の模様を消す好点で、こう打たれるかとも思っていました。これには、白2のカカリから4とこすんで、上辺一帯を模様化することになります。
 テーマ図の白3ツケ以下黒16までは相場ですが、ここで白17の星が大模様へのよい見当の一手です。
 これでは、白ロと広げたくなりますが、ただ広げればよいというものではありません。逆に黒ハと打ち込まれると、左辺の白地はガラガラにされそうです。
 黒18の並びに白21のカケがぴったりで、中央一帯が模様化してきました。黒22に白23と一杯に広げ、白の大模様が実現しました。

 【2図】 黒22で、黒1と中央を消しにくれば、白2、黒3から白4の押さえが大きく、白十分やれる形勢です。
 テーマ図の白23に続き、黒24と消しにきたとき、白25とつけて中央に広大な白地ができました。白25でニと一歩でも引くとたちまち数目の損となるので、模様の碁は怖いのです。

●メモ● 武宮九段のゴルフは碁界指折りの腕前で、ゴルフ専門誌にコラムを連載しているほど。月2〜3回コースに出ていたが、ダンスを始めてペースダウン。しかしダンスで足腰が強化され、体のシンがぶれなくなったという。

【テーマ図】


【1図】


【2図】
武宮正樹九段の「夢広がる宇宙流」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]