棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『岡目八目』一覧はこちら → ]
岡目八目

孔令文さん
読売新聞 2011/02/22掲載
孔令文さん

(4)日本の良さ守りつつ変わる(寄稿連載)

 ◇こう・れいぶん
 スポーツとしてのアジア大会への参加は、囲碁界にとって今までにない出来事で、選手にもスタッフにもやりにくさはたくさんありました。でも、日本にとっても大きな意義があった、やってよかったと私は思っています。
 大会を通して、「日本の良さとの葛藤」という問題が浮上した気がします。先週お話しした韓国の「勝つための行為」を、日本の環境で育った棋士は絶対にしません。この日本の良さに誇りを持ち、自信を持ち、自分たちの道を曲げるべきではありません。
 一方で、金メダルを独占した韓国が素晴らしいことも証明されています。両方の面から見なければならず、韓国から学ぶべきことは必ずあるはずです。ただし、まねをしたら勝てるとも思いませんし、日本の伝統文化としての良さ、個性がなくなってしまいます。
 私は、ファンの皆さんにも理解していただき、日本の良さを守りつつ変わっていくことが必要だと思っています。そのための道を、日本棋院も示すべきでしょう。
 今回の銅メダル1個という結果は、誰が弱かったということではなく、日本の環境の問題だけでもなく、総合的な結果です。かつての囲碁大国・日本とはほど遠いことは、私の口から言わなくても結果で出ています。まず、これを認めること。「世界と大差はない」「いい勝負だ」と考えていると、現在の状況はまだまだ続くだろうと思います。
 今回の経験を貴重な財産とし、勝つにはどうしたらよいのかを真剣に考えるようになれば、そこから次代に向けたテーマが見えてくると思います。
(囲碁棋士六段)
(おわり)
孔令文さん (1) (2) (3) (4) [ 『岡目八目』一覧はこちら → ]