棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『岡目八目』一覧はこちら → ]
岡目八目

小林泉美さん
読売新聞 2016/01/05掲載
小林泉美さん

(1)台湾での充実した日々(寄稿連載)

 ◇こばやし・いずみ
 主人(張栩九段)の故郷である台湾にて家族で生活を始めて半年余りが過ぎました。こちらで私がどれほど充実した日々を過ごしているかをお伝えしたいと思います。
 昨年の4月、主人から台湾に行きたいと聞かされたときは、私は心から「いいね!」と思えました。2人の娘の語学の勉強、義父母が元気なうちに親孝行ができること、義父の囲碁教室が娘たちにとってプラスの環境になること――。いろいろ考えれば考えるほど、「なんていいタイミングなんだろう」と思え、私自身もワクワクする感じがありました。
 主人も、自分の対局のことなどで悩むことがあったと思うのですが、この決断をしてから、流れがよくなりました。実際に成績も上向いています。はたから見ていても囲碁に対する気持ちがリフレッシュされたことが手に取るようにわかります。振り返っても、私たちの必然の選択だったのだなと感じます。
 台湾行きを決めたとき、親しい友人から「泉美さんのボーナスステージね」と言われたのですが、本当にそうだなと、今、実感しています。
 私たち夫婦が大事にしていることが全てできる。日々、夢がかなっているような状態です。自分が思い描く以上の現実に感謝する毎日です。
 私がしばらく対局をお休みすることにしたため、大勢の方から心配いただきました。もちろん囲碁を打つことは私には大切です。でも、今の生活は同じぐらい価値がある。主人や子どもの都合で振り回されているわけではなく、私が一番楽しんでいるのです。皆さんご安心くださいね。
(囲碁棋士六段)
小林泉美さん (1) (2) (3) (4) [ 『岡目八目』一覧はこちら → ]