棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
藤沢一就八段の「子どもの碁に学ぶことあり」 読売新聞 2009/10/20掲載
(3)潜在能力引き出し伸ばす(寄稿連載)
 「どういう子が強くなるか」と、よく聞かれます。子どもたちは様々な才能を持っているので、一概には言えませんが幾つかのタイプはあります。
 まず、囲碁が大好きな子。「好きこそものの上手なれ」ですね。次に、長時間集中できる子。このタイプも強くなりますが、小学校低学年では少数派です。
 もう一つは、普段落ち着きが無くても、ひとたび真剣になったときに集中力の高い子。保護者の方々も意外に思われることが多いですが、本人がやる気を出すと上達が早いです。
 これだけで才能を見極めることはできないので、本人が好きであれば、見守ってあげることが大事だと思います。
 教室では教えるということよりも、子供たちの潜在能力を引き出し、伸ばしてあげられるように心掛けています。

 【テーマ図】 黒が7歳のUさん。白は少しお姉さんのAさんです。
 白28で29の三々は、黒30、白31に、すぐに黒イをねらわれる恐れがあります。黒33まで両者立派な立ち上がりです。白34のシマリもよい見当です。

 【1図】 白1のすべりも好点ですが、黒2から4にケイマされると下辺の谷が深くなります。黒4に白Aなら黒Bに伸びられ、依然として左辺が薄い。
 これを嫌って、テーマ図の白34に先着したのはよい感覚。
 Uさんの黒35打ち込みも、うなずけます。先に黒21と一手備えて左辺が強いので、上辺に打ち込みたいところです。
 白36以下黒41のノゾキに白42まで、双方よく打っていましたが、黒43のハイが問題でした。続いて黒45と地に目がいきましたが、白46まで封じ込められ、上辺の黒が手薄くなりました。

 【2図】 ここは黒1とこすみ、白2の押さえなら黒3から5のノゾキが好調子です。白8に黒9と飛んでいれば、実戦とは雲泥の差でした。

●メモ● 囲碁を通じて6年来の知己であるゴスペラーズの北山陽一さんが動画サイトで囲碁入門講座を行い、藤沢八段が協力をした。PRする時間がなかったにもかかわらず、多くのユーザーが見たという。この番組を見たユーザーの中から1人でも多くの人が囲碁に興味を持ってもらいたいものだ。

【テーマ図】


【1図】


【2図】

藤沢一就八段の「子どもの碁に学ぶことあり」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]