棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
橋本雄二郎九段の「二間開きに悪手なし」 読売新聞 2006/02/06掲載
(4)挟みと開き兼ねた手(寄稿連載)
 布石の段階では、辺への素早い展開が望ましく、そのための手段として、簡単で有力な二間開きはまさにうってつけだといえるでしょう。
 さて、二間開きの特性をお話ししてきましたが、最終回の今週は、最も効果的な二間開きをご紹介します。
 布石で有力な二間開きの中でも最も価値が高いのは、「挟みと開きを兼ねた」手。これを打てる場面ができることは滅多になく、テクニックを用いることになります。

 【1図】 白1がテクニックの一手。黒2を誘っておいて、白3と挟みを兼ねた二間開きを打つことができます。白がたいへん働いた形です。この進行を嫌うなら、黒2でAと、黒が先に二間開きを打つ手もあります。

 【2図】 白1もプロの実戦例があるテクニック。次に白2またはAという最大級の大場である掛かりをみています。黒2のとき、白3が挟みを兼ねた二間開き。やはり白が働いた形です。なお、ひと昔前までは、黒4の締まりが大きいとされていましたが、今は黒4と白5はほぼ同じ価値だとみられています。

 【3図】 この局面では、黒1の二間開きが、まさに開きも兼ねた絶好の一手。黒AかBが最大級の大場ではありますが、それより勝る価値があるといえるでしょう。

 黒が上辺に向かえば白Cが厳しい好手になります。下辺の黒を攻めながら、次に白Dの掛けをみています。黒1は、これを阻止しながら、逆に下辺で主導権を握っています。こんな手を打てるチャンスがあれば絶対に逃したくはありません。黒1を打てれば、すでに黒が優勢です。
 「二間開きに悪手なし」。これは私のつくった格言ですが、二間開きをマスターし、皆さんの碁が広がっていただけたらと願っています。(おわり)

【1図】


【2図】


【3図】
橋本雄二郎九段の「二間開きに悪手なし」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]