棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
平田智也四段の「実戦的詰碁への誘い」 読売新聞 2015/09/15掲載
(4)粘りを封じる攻め方を(寄稿連載)
 詰碁を解くのは大好きですが、自分で詰碁を作るのは苦手です。何度か取り組んではみたのですが、僕にその才能はないことが判明しただけの結果に終わりました。宋光復先生(九段)門下で、一番の詰碁作家と言えば風間隼二段です。シンプルな実戦形ながら興味深い変化を秘めている作風です。
 外側にある白石の影響に注意しつつ、白を仕留める問題です。

 【第1問】 皆さんの実戦でもよく現れる形ではありませんか。

 【1図】 黒1のハネに限ります。白2には黒3と引き、あとは基本的なナカデで白死です。

 【2図】 黒1の方からはねるのはどうでしょう。白6の抜きが渡りを見て先手となります。黒7と引けば白8で生きられてしまいました。

 【3図】 黒1と急所へつけるのは、やはり白2のハネが先手。白4とされると、黒5とこすんでも白6、8で生きです。

 【第2問】 ずいぶん離れた所に△がありますが、これが隅の死活に影響してくるのです。

 【4図】 黒1のハイから3で眼を奪い、白4には、その左に放り込んで白死と思うのは勝手読みです。

 【5図】 白1のハネ上げが粘りの好手。黒2に白3でコウに持ち込まれてしまうのです。

 【6図】 黒1と単にはうのが正解です。白2に黒3で「隅の曲がり四目」による白死。白4とされても黒5、7で連絡を阻止しています。
(おわり)
●メモ● 宋光復九段門下には平田四段と風間二段のほか、安斎伸彰七段と一力遼七段がいる。いずれも将来が楽しみな若手。詰碁を解くスピードでは「一力君が断然」と平田四段。「彼は詰碁を作る能力はゼロだけど、解く能力は驚異的」。そのセンスに舌を巻くこともたびたびあるという。

【第1問】

【第2問】


【1図】

【4図】


【2図】

【5図】


【3図】

【6図】

平田智也四段の「実戦的詰碁への誘い」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]