棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
囲碁アミーゴの「わいわいレッスン」 読売新聞 2010/01/19掲載
(3)コツを意識し対局しよう(寄稿連載)
 王唯任です。囲碁というすばらしい文化を多くの人に伝えたいと思い、アミーゴに参加しました。囲碁って楽しいと思ってもらえるように、分かりやすく丁寧な講義を心がけています。
 今週は「対局のコツ」を9路盤の模範対局で解説しましょう。コツを意識して対局すればきっとうまく打てますよ。

 1図、黒1から白8まで右辺に黒地が、左辺に白地ができそうで、陣地のバランスが取れています。白4でA、白6でBと打ったとすると、白の陣地は左下に小さく偏り陣地の大きさに差がつきます。囲碁は陣地を争うゲームですから、「どこを陣地にしたいかイメージして打つこと」が大切。なんとなくイメージするだけで、うまく陣地が囲えるようになります。

 2図をご覧ください。黒1と白の陣地に入ろうとしてきました。白は2と止めました。黒3にも白4。「相手が入ってきそうなときはしっかり止める」のが肝心です。黒5にも白6、黒7には白8と、危ないナナメのキズを守ることが大切。白8でほかに打つ人を見かけますが、黒から8と切られると白6は当たりとなります。Aと逃げても黒B以下Fまで追いかけられて取られます。「ナナメのキズに気をつけよう」というのも大切なコツです。

 3図の黒3はナナメの守り。黒5、白8と相手の侵入を止め、黒9と当たりをついで終局になりました。

●メモ● 王四段は1977年4月、台湾生まれ。筒井勝美五段門下。97年入段、2000年四段。「対局では年長者が白石を握って碁盤の上に置き、相手が奇数先か偶数先かを意思表示します。奇数先とした場合、盤上の白石が奇数なら相手の先番、偶数なら年長者の先番になります」

【1図】


【2図】


【3図】

囲碁アミーゴの「わいわいレッスン」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]