棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
石倉昇九段の「『生き死に』をマスターしよう」 読売新聞 2010/04/06掲載
(2)敵の急所は、我が急所(寄稿連載)
 前回は、離れた二つの眼をつくれば「生き」だというお話をしました。
 相手の地になりそうな所に入っていった場面、また相手の石に囲まれて孤立した場面で、「生きよう」、「生かすまい」とする戦いが起こります。そのときに、生きるか死ぬかでは大違い。勝敗を左右することもよくあります。
 一局の中では、たいていこうした場面が訪れますから、「生き死に」をマスターすることはとても大事なのです。

 今回は、問題を考えましょう。

 【1図】 右上、左下の形をご覧ください。それぞれ、白の番で生きるにはどこに打てばいいでしょうか。また、黒の番で白を生かさないためにはどう打てばいいでしょうか。

 【2図】 白番の正解です。右上も左下も△と打てば、離れた二つの眼をつくることができ、「生き」(取られない石)です。黒はAにもBにも入れません。

 【3図】 こちらは黒番の正解。白を生きさせないためには、右上も左下も▲が急所。白は離れた二つの眼をつくれず、どちらも「死に」です。

 白番の正解と同じところですね。相手が生きるはずの所に打つと、生かさないようにできるケースがよくあります。「敵の急所は、我が急所」です。
 こういう問題を通じて目が慣れてくると、だんだんと生きる形や急所がわかるようになります。


【1図】


【2図】


【3図】

石倉昇九段の「『生き死に』をマスターしよう」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]