棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
岩丸平六段の「サバキを覚えよう」 読売新聞 2016/07/26掲載
(1)捨てることを怖がらない(寄稿連載)
 石を攻められた時はどうしますか。あわてずに、大事な石か、捨てられる石かどうかを決める判断が大切です。
 捨てられない場合は、さばかねばなりません。4回にわたって、皆さんとサバキについて考えていきたいと思います。このうち3回はプロの実戦を題材として取り上げます。よく見かける形が多いですから、ぜひマスターして下さい。

 【テーマ図】 上辺に打ち込んだ白に、▲とこすみつけたところです。右上に黒が迫っていることと、右辺を白の模様にできるかどうかということがポイントです。白の動き方はイ、ロ、ハの三つが考えられます。

 【正解図】 白1と捨て気味に軽く打つのが良いでしょう。黒2と強硬に分断してくれば、白3とさらに軽く打ちます。白9のケイマまでとなれば、上辺を最小限に捨て、右辺の白模様が広がっています。
 黒2でAと押すのは白Bと伸びて十分でしょう。黒2を6のハネ出しは、白2と切られて黒が無理です。

 【失敗図】 白1の伸びは堂々とした逃げ方ですが、この場合は重いのです。黒2から4と曲げられます。白5、黒6となれば、白地は増えませんし、黒Aの打ち込みなども狙われます。白1でBと飛ぶのも、黒2とかけられるでしょう。
 サバキには捨て石がとても有効なのですね。捨てることを怖がらず、上手にさばいて下さい。

●メモ● 岩丸六段は1980年生まれ、大阪府東大阪市出身。現在は兵庫県宝塚市在住。28歳で結婚し、5歳の長男がいる。最近、碁を覚えたという。「ようやく当たりが分かる程度ですが、好きなようにやらせています。本気になってくれれば――」。盤をはさんで向き合うことがうれしい。

【テーマ図】


【正解図】


【失敗図】

岩丸平六段の「サバキを覚えよう」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]