棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
岩丸平六段の「サバキを覚えよう」 読売新聞 2016/08/10掲載
(3)相手の勢力圏では軽く(寄稿連載)
 相手の石が多いところでは、正面から戦わないことが肝要です。アマの皆さんにはぜひ、相手の勢力の中では軽くさばくコツを覚えていただきたいですね。

 【テーマ図】 私の実戦譜を見ていただきます。白番です。右下が焦点となっています。
 隅の小目に一間にかかったのに対し、▲と目いっぱいに挟んできました。下辺は黒が多いですから、白はさばく気持ちが大切です。考えるポイントはかかった石が重くならないようにすることで、捨ててもいいという感覚が必要でしょう。

 【失敗図】 素直に打つなら白1、3の飛びでしょうか。すると黒2から4のノゾキで連絡するのがうまく、黒6と大場に先行されてみると、良いところは全部打たれたうえに、白の一団が不安定です。この進行が黒の想定なのでした。
 相手の狙いを考えて、これを阻止しなければなりません。何が悪かったのか考えてみましょう。

 【実践図】 白1と三間に飛びました。飛躍した手に見えますが、プロの対局ではよく打たれます。軽いので急戦になりにくいのです。
 黒2とこすまれた時、白4は黒Aとはねられ、戦いに持ち込まれます。白3と飛び込みました。黒4を許しても、白5と反撃に出ます。左下に援軍もいるので戦えます。右下の白1子はまだ完全に取られていません。この勝負は勝つことができました。

●メモ● 岩丸六段は自身の教室のほか、保育園、小学校などでも教えている。生徒の年齢は4歳から95歳、棋力は入門から7段と幅広い。丁寧で分かりやすい指導が生徒の信頼を集める。2年前からは、水戸夕香里三段の誘いで、大阪の大学で夏季講習の教壇に立っている。

【テーマ図】


【失敗図】


【実践図】

岩丸平六段の「サバキを覚えよう」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]