棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
茅野直彦九段の「急場の基本」 読売新聞 2006/04/17掲載
(2)双方の急所こそが絶好点(寄稿連載)
 「急場」は急を要する場所ですが、双方の急所でもあります。どちらから打っても好点ですから、急がなくてはなりません。アマチュアの方は往々にして、戦いが始まってからも急場を見逃し、大場に行きがちです。

 【テーマ図・白番】 布石からそろそろ中盤に入ろうかという局面です。大場が数か所目につきますが、急場は1か所しかありません。

 【1図】 白1が逃せない厳しい打ち込みで、急場の一手です。
 黒は2とつけるしかありませんから、白3、5と渡り、黒6に白7が肝要です。続いて黒8のカカリに白9と受け、黒10には白11という調子です。
 次に白イの切りとロの肩ツキを見合いにして、白は十分戦えるでしょう。なお、白7を手抜きするのは、黒ハ白ニ黒7白ホとヘコまされ、黒ヘで白耐えられません。

 【2図】 1図白3のノビはやむを得ません。本図の白1と割り込むのは、黒2、4と抱えられます。白5に黒6ツギとなっては、白さっぱり。
 黒2で3と押さえてくれれば、白2黒イ白5の渡りとなって白の注文どおりですが、これは勝手読みです。
 なお、通常は白5の切りに黒ロと取るものですが、この場合は白6と当てられるので黒6のツギが正しいのです。

 【3図】 白1の詰め、または白イの開きは大場です。
 しかし、黒2のコスミが絶好点となり、白3のコスミが欠かせません。黒2のコスミが打てれば白ロの打ち込みが解消されますから、黒はテーマ図イのコスミツケに回り、白ロに黒ハの押しとなって黒が主導権を握ります。

 今回で基本の急場を終え、次回から私の実戦を題材にした、プロの碁における急場を学んでいただきます。

●メモ● 茅野九段は7月で69歳になる。健康法はゴルフ。月に2、3回はコースに出る。近ごろ、スコアは落ちる一方というが、それでも90前後で回る。好きなクラブはアイアンで、バンカーショットが得意。

【テーマ図】


【1図】


【2図】


【3図】
茅野直彦九段の「急場の基本」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]