棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
茅野直彦九段の「急場の基本」 読売新聞 2006/04/24掲載
(3)下辺の急場逃し苦戦に(寄稿連載)
 今回からプロの碁における「急場」を取り上げます。
 杉内雅男九段との一局ですが、昭和33年、杉内八段(当時)対茅野四段(同)の対局です。「碁の神様」の異名を持つ杉内先生は、2度目の本因坊戦挑戦をした打ち盛りの30代後半。私はハタチごろです。

 【テーマ図・黒番】 私の黒番で、白12のヒラキまで穏やかな布石です。
 ここで黒の急場は、上辺か下辺ですが、私は急場を逸して苦しくしました。さて、どちらが急場でしょうか?

 【1図】 私は黒1のハサミから3と開きましたが、これは気のない手でした。ここは急場ではなく大場なのです。白4のハサミから6のトビが絶好点で、黒7のトビに白8のコスミが好手でした。
 次いで、黒9とツケて封鎖を狙いましたが、白10から14、そして16のハサミツケが巧手で参りました。
 今から見ると未熟ですが、実は黒3に続いて白イ黒ロ白ハを期待し、先手を取れると思っていたのです。
 もうお分かりのことと思いますが、この局面での急場は下辺でした。では、どう打てばよかったでしょうか。

 【2図】 黒1のヒラキが文字どおりの急場でした。黒1のヒラキと前図の白4ハサミの図を比べてみると、その差は歴然としています。
 白は2と開くくらいでしょうから、黒3のコスミツケから白10のカケツギまでを決め、それから黒イのハサミに回ってよかったのです。
 白2でイと二間に開くのは気のない手ですし、白ロとこすむのは黒ハのヒラキが絶好点になり白つらいでしょう。
 なお、黒1のヒラキで3のコスミツケは急ぎすぎです。白ニ黒4白ホ黒ヘとこすんだとき、白トのハサミに回られては元も子もありません。

【テーマ図】


【1図】


【2図】
茅野直彦九段の「急場の基本」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]