棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
河野光樹八段の「復活 高中国流」 読売新聞 2015/08/11掲載
(3)ツケ押さえが模様生かす(寄稿連載)
 高中国流は、その高い構えを生かして模様が作りやすくなります。相手が入って来れば厳しく攻め立てましょう。

 【テーマ図】 黒1のカカリから3と開くのは上辺を大事する打ち方です。白4のカカリには黒5、7とつけ押さえるのが有力。白8の当てから10とついでも、▲がいいところで、白から開くスペースがありません。黒11で右上が大きな地になりますし、黒3との間合いもいい。
 白4でイと上辺からかかってきても、同じように黒11からつけ押さえて十分です。

 【1図】 白1のカカリに、黒2のコスミツケから4と一間に構えるのは常とう手段ですが、白5と開かれると、▲の位置が中途半端になります。

 【2図】 黒2、4のつけ押さえに白5の当てから7とケイマに構えるのもありますが、黒8と切って十分です。白石は浮き上がっている印象です。

 【3図】 黒2のツケに白3とはね込んでくれば、黒4から6と押さえ込みます。白7の飛びなら黒8とついで好形です。
 ただし、白7で8と切ってきたときの対策は必要です。

 【4図】 白1の切りには黒2の下当てから4と伸びます。手順が長くなりますが、最後の一手は覚えておきましょう。白21で、白AとBのシチョウが見合いになっているようですが、ここで黒22のカドが会心の妙手です。この一手で両方のシチョウを防いでいるのです。
●メモ● 河野八段は、ふだんは若手中心の研究会に通っている。一人で並べるのも勉強になるが、実際に対局して鍛える方が性に合っている。三村智保九段が主宰する「市川こども囲碁道場」では講師を務めている。子どもが集まってにぎやかになるのがうれしい。少しでも役に立ちたいという。

【テーマ図】


【1図】

【2図】


【3図】

【4図】

河野光樹八段の「復活 高中国流」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]