棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
孔令文六段の「定石の運用法」 読売新聞 2007/07/02掲載
(3)相手の厚みを崩す工夫(寄稿連載)
 アマチュア有段者の方は、いろいろな定石を試してみることです。新しい定石を打つことによって、そこから新しい発見があるかも知れません。
 ただし、常に局面の配石に合った定石を選ぶことに気を配ります。そして定石本来の意味を理解して打てば、よい手助けになるのです。
 さて、今週からはプロの碁における定石選択を取り上げます。

 【テーマ図】 張栩碁聖と羽根直樹九段の碁を拝借しました。羽根九段が白22とカカったところです。
 黒としては、左上の白の強大な厚みを、どのように緩和するかが、最大のテーマです。
 ここで張碁聖の選んだ定石は――。

 【1図】 黒1とハサみました。白2のコスミは予想どおりでしょうが、ここで黒3の開きが張碁聖の定石工夫の一手でした。

 白4に黒5以下隅を治まり黒11と飛びました。あわよくば、黒Aのノゾキから壁攻めまで狙っています。

 【2図】 1図黒3では、普通は黒1の開きですが、白2とカケられて、黒はうっとうしいのです。黒3と飛んで取られることはないでしょうが、白Aと攻められて、黒はかなりの苦労を強いられそうです。

 【3図】 再び1図に戻って、黒1のハサミで、黒1、3のツケヒキは、地にからい堂々とした定石ですが、これは部分しか見ていません。黒5に、白はAより一路高く6と来るかも知れません。
 これで黒悪いということではなく、細かい碁になるでしょうが、物足りません。
 また、ことによると白6でBと大きく広げてくる可能性もありそうです。もし、皆さんが相手にこう打たれたら、どこから消してよいか途方にくれるかも知れませんね。


●メモ● 孔六段は岳父の小林覚九段と会うと碁の話が中心だったが、最近は長男、徳志くんの誕生で一変。覚九段の関心は初孫に移り、孔六段に言わせると「メロメロで、世間でもまれに見る甘さ」。

【テーマ図】


【1図】


【2図】

【3図】
孔令文六段の「定石の運用法」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]