棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
三村智保九段の「工夫する子は強くなる」 読売新聞 2014/03/18掲載
(2)断点めぐる元気なケンカ(寄稿連載)
 自分なりに考えることは大切です。教わったまま丁寧に打つだけでは、飛躍するのは大変です。みなさんも、ここに打ちたいと感じたらやってみるのが一番です。負けたとしても、工夫している過程が大切なのです。

 【テーマ図】 右下の黒はイの断点が気になります。黒ロのケイマで守るのは堅過ぎるかもしれませんから、黒ハのハネで頑張るのが妥当かもしれません。
 ところが黒1と打ち込んで行きました。じつは、これがけっこういい手なのです。黒はここで事を起こして、イの断点を自然に補う展開を狙っているのです。こういう工夫は見ていて楽しいものです。

 【1図】 黒としては、白1の上ツケに黒2とはね込んで、黒8の飛びまで渡る図を描いています。こうなればイの断点の脅威は解消されます。もちろん、白はこれでは不満ですから、なにかやっていきます。

 【2図】 白5と押さえ込んだのが白の工夫です。
 黒6、8の当てツギで白も怖いのですが、白9のボウシから11とつけて、がんがんやっていきます。自分のイの断点は、攻めながら補ってしまうつもりです。そして、相手のロの断点はまだ狙っています。
 互いの切りをにらみながら、元気いっぱいにケンカしています。すぐケンカになるのは子どもの碁の特徴ですが、厳しい方向に行くのは、見込みがあると思っています。
●メモ● 三村九段は2006年に通算600勝を達成している。新人王戦や新鋭トーナメントでの優勝経験もある。各リーグなどで活躍してきたが、本人はもちろん納得していない。周囲の期待も大きい。44歳、大きなタイトルを取るチャンスは十分ある。子どもとともにまだまだ成長。

【テーマ図】


【1図】


【2図】

三村智保九段の「工夫する子は強くなる」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]