棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
宮崎龍太郎六段の「布石の四か条」 読売新聞 2009/09/15掲載
(3)厚みを小さく囲わない(寄稿連載)
 厚くなったら、そこを地にしたくなるようですが、それでは厚みが生きません。厚い石は強い石ですから、戦いにこそ力を発揮します。小さく囲うのではもったいないのです。

 【テーマ図】 黒番。右上に黒の強大な厚みができています。ここを地にするようでは勝てません。  △にケイマされたところですから、ついこの手にあいさつしたくなりますが、ひと呼吸置いて局面全体を見渡してみましょう。相手の意図を見抜いてください。

 【1図】 右下からの白模様が完成する前に、黒1と肩突きするのが消しの絶好点です。  黒5の曲げまで白の拡大を押さえ込めば成功です。白模様がすっかり消えました。白6と飛ばれても、上方は黒が厚いですからこたえません。

 【2図】 △と打たれると、相手の手についていって、黒1と受けたくなります。一度受けると、白2のケイマにまた黒3と受けてしまうでしょう。

 右上の黒地は確定しましたが、このくらいではたいしたことがありません。それよりも、白4の飛びが右下の白模様に芯を入れて絶好点になります。右上の黒より、右下の白の方がスケールが大きいのは一目瞭然(りょうぜん)でしょう。

 せっかくの厚みも、小さく囲ったのではもったいない。黒1は、相手が模様を囲うお手伝いをしたようなものです。

●メモ● 宮崎六段の子ども教室は級位者中心なので、有段者になると上位の教室を勧める。受験で囲碁から離れる時期もあるが、一段落すると戻ってきて、それがうれしいという。大人の教室では、強くなっても他へ移ることは少ない。大人は先生に付く傾向があって、長いお付き合いになるそうだ。

【テーマ図】


【1図】


【2図】

宮崎龍太郎六段の「布石の四か条」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]