棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
第3回ネット棋聖戦 決勝大会特選譜 読売新聞 2017/01/17掲載
(2)佐々木さん 激戦制す(寄稿連載)
 ◇準々決勝 白 谷口 洋平 黒 佐々木 悠介

準々決勝で最も激しい肉弾戦が演じられたのが本局、佐々木悠介さんと谷口洋平さんの対戦だった。

 佐々木さんは福井県のアマ棋聖・名人・本因坊。第1回大会でベスト8の実績がある。谷口さんは元院生で東京都在住。第2回大会でベスト4に進出し、その後の棋聖戦ファーストトーナメントでもプロを相手に1勝を挙げた。

 【テーマ図】左上の折衝で黒の佐々木さんがややポイントを挙げた感があり、白1の踏み込みは打開をもくろんだ積極手。対する黒2のツケが部分的には相当な手筋だったが「全局的には時期尚早。黒イと飛んでいて悪くなかったでしょう」と解説の鈴木伸二六段。  ただし碁はこの黒2を発端として、互いに最強手を繰り広げる激戦へと突入した。

 【1図】黒は2から6と上辺で形を得たが、白石が5に来たことで、9と割り込む手筋が発生してしまったのである。

 【2図】黒1以下はほぼ一本道で白20まで。取り込まれていたはずの△が、逆に黒6子を取って復活してしまったのだから白の成功は疑う余地がない。

 しかしこの後の競り合いの中で谷口さんに失着が出て、佐々木さんが逆転勝利。ベスト4に進出したことで、棋聖戦ファーストトーナメントへの参加権を手中にした。佐々木さんは「プロ棋戦の予選に参加できるなんて、夢のまた夢です。僕の囲碁人生の中で一番の快挙です」と喜びを語った。

●メモ● 第3回ネット棋聖戦SAクラスの決勝大会でベスト4に入ると、第42期棋聖戦の予選参加権が与えられる。出場者にとってこの権利獲得が最大目標であるようで、どの選手に話を聞いても、異口同音に「決勝よりも、準々決勝が最も大事な勝負」との答えが返ってきた。

【テーマ図】


【1図】


【2図】

第3回ネット棋聖戦 決勝大会特選譜 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]