棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
大橋拓文六段の「詰碁で棋力アップ」 読売新聞 2013/04/30掲載
(1)フトコロ狭めるハネ一本(寄稿連載)
 碁が強くなるには、どんな勉強法がよいでしょうか――。
 アマチュアの方がプロによくする質問です。答えは、プロの碁を並べる、打つだけでなく並べ返して強い人に見てもらうなどですが、詰碁もよい勉強になります。詰碁は読みの訓練になり、また手筋を知ることによって戦いの力が付きます。しかし、詰碁は難しい、面倒だ、と嫌う人が少なくありません。
 難しく考えないでパズル的な感覚で取り組んでほしいのです。それには難しい問題は避け、易しい問題を数多くやることです。
 第1回のテーマは「ハネ殺し」。「死はハネにあり」と格言にもあるように、ハネ一本でフトコロを狭め眼形を乏しくします。

 【基本型】 白のフトコロが長そうに見えますが。

 【解答図】 黒1とはね、白2と換わってフトコロを狭め、黒3、5で簡単に白死です。黒1で5は、白1で生きです。

 【問題図】 白は眼形が豊かそうですが、まずハネを考えてみてください。

 【正解図】 黒1のハネがよい手で、白2と換わって黒3と急所に置きます。白4と眼を持っても、黒5から7で死にです。

 【変化図】 白2と眼を持てば、黒3のツケがよい手です。なお、黒3でAは白3、黒B、白Cでオイオトシです。

 【失敗図】 黒1が急所に見えますが、白2と眼を持たれます。黒3のコスミには白4のツギから6で生きられ、失敗です。
●メモ● 大橋六段は最近、黒番が当たると初手を「6の六」、3手目を「12の十四」など、隅ではなく中央に打つ破天荒な布石を試みている。ほぼ五分の成績を残している。最初は相手もびっくりしていたが、近ごろは知られてきて、対策を立てられるようになった。この布石を続けるか、考慮中。

【基本型】

【解答図】

【問題図】

【正解図】

【変化図】

【失敗図】

大橋拓文六段の「詰碁で棋力アップ」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]