棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERD BY IGSパンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
既に会員の方はこちら

[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
大橋拓文六段の「詰碁で棋力アップ」 読売新聞 2013/05/21掲載
(4)尽きない筋、創作に挑戦を(寄稿連載)
 最終回は、詰碁創作のお話をしましょう。プロ棋士は実戦からヒントを得たり、ひらめいたりしたものを詰碁にします。
 また、最終形を作って、さかのぼって行って問題にする手法もあります。ともかく詰碁の筋は尽きないようで、古来、絶えることなく創作されているのは不思議とさえ思えます。
 皆さんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 【1図】 初めての場合、いきなり創作と言っても大変でしょう。まず、5×5の図を用意することをお勧めします。黒石で囲い、その中に適当に白石を置いてみるのです。

 【2図】 このように白石を置くと、詰碁風になった感じがしませんか。
 自分で解きながら修正していくのですが、この配石では黒Aに白B、黒Cには白Dで、どうにも手になりません。

 【3図】 そこで、2の二の急所にある白石をひとつずらしてみます。

 【4図】 これは立派な詰碁になっています。
 黒1のツケが急所で、白2に黒3、5が好手。白6に黒7で白死です。

 【問題図】 詰碁の醍醐(だいご)味は手順の妙にあります。少々歯ごたえのある問題ですが、どのような手順で白を仕留めますか。

 【正解図】 黒1のツケから白2に黒3とはねるのが手順の妙です。白4で黒窮したように見えますが、黒5の出が妙手。白6に黒7とつぎ、白Aに黒Bで白死です。
(おわり)
●メモ● 大橋六段は昨年夏、ドイツのボンで開催された「ヨーロッパ・ゴ・コングレス」に初めて参加した。約2週間の休暇を取った。青空の下、テントの中で陽気に碁を楽しむ光景を見てカルチャーショックを受けたという。「囲碁ファンの方にはぜひ一度参加し、体験してほしい」

【1図】

【2図】

【3図】

【4図】

【問題図】

【正解図】

大橋拓文六段の「詰碁で棋力アップ」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]