棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
鈴木歩三段の「詰め碁のすすめ」 読売新聞 2007/02/05掲載
(4)生きる急所は殺しの急所(寄稿連載)
 スポーツ選手が毎日ロードワークを欠かさないように、わたしたち囲碁のプロも、日々読む力、頭の基礎体力を養っています。
 以前、小林覚九段から「毎日400題の詰め碁を解いている」とうかがいました。400題といってもアマチュア向けのやさしい問題ばかりだそうですが、それでもこういうトレーニングは欠かせません。読みも体力と同じで、ちょっとサボると力が落ちてしまいます。一週間でも詰め碁を休むと、自分ではっきりわかるくらい読むスピードが落ちています。
 ということは、今まで詰め碁をやっていなかった人が1週間も詰め碁に取り組めば、てきめんに読むスピードがあがるはず。囲碁の勉強とか訓練などと気張らず、毎日楽しく詰め碁を眺めていただければ、驚くほど読めるようになっているでしょう。
 最後は生きる問題を。変化を読み切るのは意外と大変かもしれません。

 【テーマ図】 黒番で、隅を生きてください。

 【正解図】 黒1から3のカケツギが眼作りの急所。手堅く生きることができました。

 【失敗図1】 黒3と広げても、白4の放り込みから6が厳しい筋です。

 【失敗図2】 黒1から3と粘って、白4からのコウがやっとです。二段コウですが、もちろん無条件に生きた方が勝ります。

 【失敗図3】 黒1には白2置きがくる。生きるための急所は殺すときの急所にもなることが多いもの。黒3から5には白6から10まで。生きることはできません。

 【手順図】 黒1とすそにかかった形から派生した形。黒11で12、白11、黒Aが一般的ですね。でも、上辺方向へ展開してもつまらない場合、黒11から隅で生きる手が有効になります。

(おわり)

【テーマ図】

【正解図】


【失敗図1】

【失敗図2】


【失敗図3】

【手順図】

鈴木歩三段の「詰め碁のすすめ」 (1) (2) (3) (4) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]