棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
清成哲也九段の「石を囲うゲーム」 読売新聞 2005/04/18掲載
(5)広い視点を身につけて(寄稿連載)
 先日、70歳前のご婦人と約3年ぶりに対局しました。入門から、初段に近づいた後、碁から離れ、全く打つ機会もなかったとのことですが、打ち進むにつれて以前と変わらぬ打ち振りに戻られ、一度身につけたものの力かと感じました。

 【実戦譜1】 9級に上がられたばかりの方との実戦です。白5のボウシに黒6と頭を出し、黒8とはねて上々の立ち上がりです。黒10のツギも好手。黒12は白を囲む好点ですが、13と打ち、こちらの白を囲みにいくのも有力でした。白17の打ち込みに、黒18、20は、白21で「割かれ形」になり、失敗でした。割かれ形を作ってしまったら、一方を軽く見るのが良いのです。黒22を28なら、さらに良かったでしょう。

 【1図】 (頭を出し、白を二分する)
 割かれ形を作る前に黒1が満点で、白2、4なら、黒5とついで白一子を包み込む感じ。白2をAなら、黒Bです。  【実戦譜2】黒1は、連絡しながら地を作る好点。しかし、黒3、5は地を守る気持ちが強く出過ぎました。

 【2図】 (三々には、まず遮る)
 まずは黒1と白を遮ってみましょう。白3なら黒Aで、白は窮屈ですから2ですが、ここで黒3と地を囲いにいっても良いし、

 【3図】 (積極策)
 黒3から割っていくのも有力です。白6で左下の黒地はなくなりますが、黒7で下辺の白地を小さくします。

 実戦譜、黒7は「ハサミ」という手段で、以下は大変良く打たれていますが、特に黒17と29が好手でした。このような「石を囲む感覚」を身につけられたら、碁を伸び伸びと楽しんでいただけることと思います。(おわり)

【実戦譜1】


【1図】


【実戦譜2】


【2図】

【3図】
清成哲也九段の「石を囲うゲーム」 (1) (2) (3) (4) (5) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]