棋聖戦
YOL囲碁サロン POWERED BY パンダネット
YOL囲碁サロンが無料体験できます! 入会前にお試し対局
YOL囲碁サロンとは 既に会員の方はこちら
対局・観戦ソフトのインストール
詳しい資料の請求はこちら
入会のお申し込み




[ 『上達への指南』一覧はこちら → ]
上達への指南
小島高穂九段の「棋聖戦七番勝負 名場面ベスト8」 読売新聞 2006/05/15掲載
(2)戦機開いた白のつけ返し(寄稿連載)
 ◆第26期棋聖戦第6局 (白)七段・柳時熏 (黒)棋聖・王立誠
  (選 小嶋高穂九段)

 第26期の挑戦者は30歳の柳七段。前期あたりから、挑戦者が若くなる傾向が強まってきた。棋聖戦史上、初めて終局時点をめぐるトラブルとなった運命の第5局で王棋聖が3勝2敗とリード、山場の第6局を迎えた。本局の立会人は小島高穂九段だった。
 高見亮子さんの観戦記には、「わだかまりがなければいいが……と心配されたが、現地入りした両者にそんな様子は見えなかった。緊張気味の王と、明るい柳。それぞれ表情は違うが、この局に全神経を集中させて、プレッシャーと戦っている様子がうかがわれた」とある。
 中盤までは互角の形勢で、中央をどう打つかが焦点になっている。黒1とぶつけて中央経営を目指したのに対し、白2とつけ返したのが名場面。黒1の前に黒イ、白ロを利かしておく方が後々の戦いに有利になっていたという。白2について楊嘉源九段は「素晴らしい手。柳さんは前日から考えていて、(黒1を)待っていたのかもしれません」と解説している。ここから空中戦が始まる。

 変化図、黒1のハネは気合だが、白6、8と抜かれる。黒23と囲っても、右下の黒が薄くなり、得策とは言えない。  王棋聖は実戦図、黒1と伸びた。白4に黒5と切る一手だが、11までは通常なら筋にはまった格好だ。結局、白30まで、華麗な振り替わりになった。小島九段は「白有望」と判定した。
 この後、二転三転したが、最後にミスをした柳が敗れ、王が3連覇を達成した。
 小島九段は「白のつけ返しには敬服した。見所の多い好局だったね」と振り返った。
(赤松正弘)

●メモ● 第26期棋聖戦は、王立誠棋聖が挑戦者の柳時熏七段(当時)を4勝2敗で下して防衛、3連覇。第5局でのトラブルについて、王は「あのとき言わなかったら、たぶん一生後悔したでしょう」。

【名場面】


【変化図】


【実戦図】
白22つぐ(20の左)
「棋聖戦七番勝負 名場面ベスト8」 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) [ 『上達への指南』一覧はこちら → ]